PROJECT LIXIL ロゴ
topへ お問い合わせ先一覧
product/商品を知る
case example/事例を探す
project support/デザインのヒントを探る
トップ水まわりHL
商品を知る/水まわり

人にも、建築にもフィットする、LIXIL独自のデザイン。

人が近付きやすいデザイン

人に接する部分には曲線・曲面を多用し、人に寄り添った使いやすいデザインに。シンプルで丸みのある、近付きやすい便器の形状が、心地良い使用感をもたらします。小便器は、他人からの視線が気にならないようストールをしっかり配置。便器をできる限りコンパクトにまとめ、空間を広く使える工夫を随所に取り入れました。また洗面カウンターも、手を洗いやすい角度や幅、深さを十分に考え、ストレスなくゆったり使えるよう配慮しています。

建築に調和するデザイン

建築に接する部分は直線で、床や壁にすっきりと調和するデザインに。無駄な要素を排除し、素材とカラーを統一しました。シンプルなラインで構成された形状は、見た目にも美しく、清潔感にあふれています。

LIXILのトイレは、使う人へのやさしさでできている。

車椅子の方に

壁掛式の大便器は、足元の空間がすっきり。車椅子のフットレストが当たりにくく、近付きやすい設計です。便器のサイズもコンパクトなので、ブース内での動作がしやすくなっています。

荷物をお持ちの方に

ショッピングバッグやビジネスバッグなどをお持ちの方にも使いやすいよう、大きめの荷物もしっかり置ける洗面カウンターをご用意しています。

清掃もしやすく清潔

便器は壁掛式で床から浮いているため、正面や斜めからでも奥までモップが届きやすいデザインです。また、凹凸の少ない形状でツルッと一拭き。便器のリム形状もフチレスで、従来よりも清掃しやすく、常に清潔な状態をキープできます。

パブリックトイレの歴史に、常に挑戦と革新を。

HL

INAXの時代からパブリックトイレをリードしてきた実績と、LIXILの新事業との融合。ここから、パブリックトイレの新たな歴史が始まろうとしています。90年代、男女それぞれに最適な便器と空間ゾーニングを提案する革新的商品Xspace UMを発表。続けてNew Public Toiletシリーズを世に送り出し、壁掛け大便器、低リップ小便器など、さまざまな商品がロングセラーとして今日まで受け継がれてきました。そして今、その流れをさらに進化させて、“NEW PUBLIC TOILET HL”が誕生。早い時代から、施設の目的や利用者に合わせたトータルな空間プランニングを考えてきた集大成です。パブリックトイレに次々と新しい価値を。LIXILの挑戦は、これからも続きます。

このページのTOPへ

PAGE TOP ↑