よくある質問[いいナビ関連]

Q.タイルの形状について説明してください。
A.

■タイルの形状については主に以下の種類分けが出来ます。


 □mm角平の場合は目地共寸法、□角平の場合は実寸法のタイルを示します。


【平物タイル】
表面がほぼ平面状で、正方形または長方形のタイルを平物と呼びます。 
主に平面壁に張るためのタイルです。


【ユニットタイル】
施工しやすいように、タイルの表面もしくは裏面にシート状、ネット状またはそれに類する台紙を張り付けるか、またはその他の方法で多数のタイルを並べて連結したものです。
施工上の区分で、モザイクタイルなどに多く使われています。


【役物タイル】
開口部、隅角部などに用いるタイルで平タイル以外の特別な形状をしたタイルの総称で
出隅・入隅などに使われます。


【片面取りタイル】
他に両面取りタイルなどもあり、 内外装タイルの代表的な役物です。
公衆トイレなどで使われているのを目にすることが出来ます。 


【曲がりタイル】
標準曲がり 屏風曲がり等があり 外装タイル、外装モザイクタイルの代表的な役物です。  


【段鼻タイル】(だんばなタイル)
階段先端の踏面に使われるような専用タイルです。
滑り防止のため、筋状の凸起または溝がつけられているものもあります。



 
■内装壁タイルの平物と役物の納まり


 
■内装床タイル、内装床モザイクタイル
内装床タイルは、100mm角の小型のものから600mmを超えるような大きなサイズまであります。
役物には「片面取」「片面小端磨き」「片面小端施釉」「段鼻」「垂れ付き段鼻」があり、
内装床モザイクタイルは一般的に紙張りユニットで使用されています。




■外装壁タイル
外装壁タイルは、小口平、二丁掛平がよく使われます。
これらは積みれんがのサイズに由来しています。
近年では600mmを超えるような大きなサイズの外装壁タイルも使われるようになって来ました。





■外装床タイル、外装床モザイクタイル
外装床タイルは、100mm角の小型のものから600mmを超えるような大きなサイズまであります。
役物には「片面小端施釉」「段鼻」「垂れ付き段鼻」があります。
また傾斜路用として滑り止めの凹凸を表面に付けたスロープタイルのバリエーションをもつ
シリーズもあります。
外装床モザイクタイルは一般的に紙張りユニットで使用されています。




この情報は役立ちましたか?

タイル・建材情報検索